おせち料理について

春の郷土の味はつくしの卵とじ

投稿日:

私が24歳まで住んでいた奈良県奈良市で私はずっと育ちましたが奈良市内の為それほど山奥のような田舎ではありませんでしたがすごく家の近所は自然がその当時はたくさんある所でした。

郷土料理というかその土地の人達は普通に食べているものでよく驚かれるのは山菜料理でしょうか。蕨やぜんまいなんて普通ですがつくしは結構驚かれます。つくしってあの春になると野原で見かけるつくしです。

 

つくしを摘んであのギザギザのはかまを取ります。


そして水に浸けておきそのつくしを鍋に移してだし醤油で少し甘辛くさっと煮ます。(火が通りやすい)そして最後に卵でとじるのですが食べるとつくしの穗の部分はほんのり苦味のある山菜特有の食感がありはかまを取り除いた茎の部分は柔らかい水っぽい食感です。

 

その食感が甘辛く味がしみて卵とじになるとなんていうか・・・


春の山菜の独特な野生味のあるほろ苦い他にはない奈良の田舎の味を感じさせます。よく春になると緑が美味しそうなよもぎを摘んできたり蕨やぜんまいもよく摘みに行かされました。春の私の郷土料理の思い出です。

カテゴリー

-おせち料理について

Copyright© おせち料理ランキング2019年※楽天・Yahoo!の通販でも冷蔵・冷凍通販が人気 , 2018 All Rights Reserved.